CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「つむじダブル」小路幸也・宮下奈都
JUGEMテーマ:読書


人気作家二人がつむぐ話題の合作。兄妹それぞれの想いが胸に響く、やさしい家族の物語。

小学生のまどかと高校生の由一は、年の離れた仲のよい兄妹。ふたりとも、つむじがふたつあり、お母さんは「つむじダブルは幸運の証」と子どもたちに話している。ある日、まどかがひとりで留守番をしていると、ひとりの女性から電話がかかってきた。お母さんは知らないひとだと言うのだけど、なんとなく様子がおかしくて――兄妹それぞれの想いが胸に響く、やさしい家族の物語。
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
「キシャツー」小路幸也
小路 幸也
河出書房新社
¥ 1,680

JUGEMテーマ:読書


うちらは、電車通学のことを、キシャツー、って言う。部活に通う夏休み、車窓から、海辺の真っ赤なテントに住む男子を見つけて……微炭酸のようにじんわり広がる、それぞれの成長物語。
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 22:11 | comments(3) | trackbacks(2) |
「レディー・マドンナ 東京バンドワゴン」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


人気シリーズ第7弾
下町で古本屋を営む大家族が活躍する、大人気「東京バンドワゴン」シリーズの第7弾。今回も謎に満ちた客がつぎつぎ来店し、なんと一家の大黒柱に恋のうわさが舞い込む予感も!?
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 20:12 | comments(4) | trackbacks(3) |
「荻窪シェアハウス小助川」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


みんなで暮らせば、なんでもできるそう思える瞬間が、確かにあった――。やりたいことも夢も特になし。自慢は家事の腕前だけ。そんな佳人が背中を押されて始めたのは、見ず知らずの男女6人 管理人のタカ先生との共同生活だった。場所は小さい頃に通った医院を改築した、シェアハウス。くらしのルールをみんなで作って、案外、居心地がいいかも。でも――。一歩踏み出す勇気が見つかる長編エンタメ!
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 06:57 | comments(6) | trackbacks(2) |
「東京ピーターパン」小路幸也
小路 幸也
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,470

JUGEMテーマ:読書


平凡な営業マン・石井は、仕事の途中で事故を起こしてしまう。パニックを起こし、伝説のギタリスト兼ホームレスのシンゴ、バンドマンのコジーも巻き込んで逃げた先は、引きこもりの高校生・聖矢の土蔵で……!?
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
「花咲小路四丁目の聖人」小路幸也
評価:
小路幸也
ポプラ社
¥ 1,680
(2011-11-10)

JUGEMテーマ:読書


その昔、イギリス中の美術品や金品を上流階級から盗み、現場には“saint”と刺繍された手袋を片方残すのみで決して捕まらなかった世紀の大泥棒。そんな「泥棒紳士」が実は日本に帰化して、ここ花咲小路商店街に隠居中なのです―ダンディなご隠居が、手腕を活かして商店街の事件を解決。じんわり心温まるエンターテインメント。


小路さんらしいとても心温まる物語。
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 19:26 | comments(2) | trackbacks(1) |
「ピースメーカー」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


赤星中学内で対立する運動部と文化部の架け橋となり、学内に平和をもたらす存在“ピースメーカー”。その実態は、放送部の良平とケンちゃん―知恵と愛嬌の凸凹コンビだ。ハートフルでちょっとノスタルジックな青春エンターテイメント。

時代はずいぶんと昔。放送部の2人が抱えているのはラジカセです。

主人公の良平は放送部顧問のコウモリこと中山先生に言われ「二代目ピースメーカー」として、中学入学と同時に放送部に入った。初代ピースメーカーは良平の姉・みさき(みーちゃん)だ。良平の通う学校は昔から文化部と運動部の仲が悪い。それは、文化部総合顧問の菅野先生と、運動部総合顧問の玉置先生、二人の古株の先生の争いでもあった。他の先生達もどちらかの派閥には属していたが、そんな状況をよく思っていない先生もたくさんいた。そんな一人である、放送部顧問のコウモリこと中山先生は、近所に住んでいて小さい頃から知っていたみーちゃんに「放送部に入って文化部と運動部の橋渡しをする<ピースメーカー>になって欲しい」と頼んだのだ。人望が厚かったみーちゃんは色々な人から話を聞き、文化部と放送部のいざこざを解決して学校内では伝説の人となっている。みーちゃんが卒業し放送部は廃れ、文化部と運動部もまた険悪になってしまった。そこで、みーちゃんの弟である良平が放送部に入って「二代目ピースメーカー」として頑張る事になった。
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 22:48 | comments(2) | trackbacks(1) |
「ラプソディ・イン・ラブ」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。山と海に囲まれた、とある町の古い日本家屋。かつてそこは、日本の映画界を支えてきた笠松市朗が、愛する家族と過ごした家だった。笠松の息子、俳優・園田準一、笠松の前妻であり女優だった園田睦子、そして人気俳優で、笠松の二番目の妻との間に生まれた岡本裕。岡本の恋人である、人気女優の二品真里。バラバラになっていた彼ら五人が笠松の家に集まった。彼らの葛藤と思いが交錯するドラマの幕がいま開く。みな役者という彼らが、ひとつ屋根の下展開していくドラマ。「ラプソディ・イン・ラブ」――監督、紺田がつけたタイトルだ。彼らの言葉は、台詞か、真実か……。

登場人物は5人のみ。まるで映画を観ているような気持ちにもなれるし、監督になった気分にもなれるし、5人の視点にもなれるし、面白かったです。
続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 22:13 | comments(4) | trackbacks(2) |
「探偵ザンティピーの休暇」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


マンハッタンに住むザンティピーは数カ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲しい」と電話があった。嫁ぎ先の北海道の旅館で若女将になった妹の言葉を不審に思いながら、日本に向かった彼が目にしたのは、10年ぶりに目にする妹の姿と人骨だった―

新刊なのに文庫。

国際結婚して北海道の温泉旅館に嫁いだ妹・サンディに頼まれて日本にやってきたNYの私立探偵ザンティピー。その温泉がある町には御浜という聖地があり、そこに入ると御口様のたたりがある。その御浜を囲む真ん中にあるオンジョ岩に登るなと言われているらしい。犬の散歩をしていたサンディは偶然その御浜で人骨を見つけてしまったらしい。妹のかわりに骨がそこにあった理由を調べ始めたザンティピー。

続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 21:13 | comments(3) | trackbacks(2) |
「おにいちゃんのハナビ」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


小さい頃から病弱だった華が療養先から自宅に戻ると、兄・太郎は引きこもりになっていた。「すべては、わたしのせい?」。責任を感じ、兄を立ち直らせようとする華。その前向きな姿に励まされた太郎はついにアルバイトを始める。だが、華の病が再発して…。実話から生まれた感動作。

映画のノベライズですよね。小路さん、以前に「うた魂」も書いていたような気がします。読んだつもりでいたけど、映画を見ただけで読んではいなかったらしい。

娘華の喘息がよくなるようにと奉納花火で有名な田舎、片貝町に引っ越してきた須藤一家。長男の太郎は中3という大事な時期に東京から田舎への引越し。学校では馴染めずいつも一人だった。それでも華のためと思い頑張っていた。ところが華は喘息が治ったと思ったら白血病に。太郎は大学進学もせず、就職もせずひきこもりの生活に。両親は今まで華優先で太郎の事情にかまってあげられないことを申し訳なく思いながらも、でも華のために仕方がなかったと何も出来ないでいる。

病院での辛い治療に耐え華が帰ってきた。お見舞いにあまり来なかった太郎がどうしているのかが気になる華。太郎がひきこもっていることを知り、あの手この手で太郎を外に連れ出そうとする。太郎もそんな華の無邪気な誘いに態度を軟化していった。太郎は華を後ろに乗せて新聞配達を始める。そして中学の卒業生で作る成人会で奉納花火を上げるのが夢の華はおにいちゃんが成人会に入っていないことを知り、おにいちゃんの同級生におにいちゃんをいれてくれるように頼みに行く。

そんな時、華が白血病の再発。ドナーはいないらしい。太郎は成人会を辞めて、アルバイトも増やしなにやら計画している。華は奉納花火を楽しみにしている。



続きを読む >>
| 本:さ行(小路幸也) | 21:39 | comments(4) | trackbacks(3) |
| 1/4PAGES | >>